S.S

Kowaretaさんの美しい英語曲S.Sを
日本語音源のミズキさんに
頑張って歌ってもらいました。



このカバーを作り始めたのは去年か
下手するとそれより前なんですが
なにぶん歌詞がすべて英語かつ
ミズキさんで英語を歌ってもらうのは初だったので
本当にようやくの完成、という感じです。
結構時間がかかりました。
というか、時間をかけて調声してました。
その結果、Sound Cloudにshortバージョンを上げてから
大分経った今になっての公開ということに。

でもその分頑張ったので
個人的にはわりと満足のいく出来になった気がします。
いや、それもこれもただ単に
ミズキさんが良い音源であるおかげなんですが。
本当にsoft音源の素晴らしいことよ……。
おかげで自己満足だけじゃなく
いつも優しいコメントを下さるElizaさんにも
良い感じと言って頂けたので良かったです。

それにしてもミズキさんは
はっきりした綺麗な日本語の発音なのに
softのおかげか案外とあいまいな音も作りやすくて
さほど日本語訛りのない英語にできたように思います。
もちろんネイティブの人が聞いたら
いろいろ思うところはあるでしょうけども。

ちなみに毎度言ってますがベースはイギリス訛りです。
アメリカ英語よりそっちの方がなじみがあるのと
日本語音源にはそっちの方が再現しやすいと思うので。
とはいえ、なんちゃって英語&訛りなので
そのあたりについては自信はまったくないです。
とりあえずそれっぽく聞こえていたらいいなー程度。
あとは楽しかったので満足です。

歌詞もちゃんと訳せたし。
まだ誤訳してるかもしれませんが
以前Sound Cloudに上げていた時のものよりも
正確で自然な訳にできた気がします。
何度聞いても切なくて素敵な歌詞……。
個人的な好みで日本語訳は
歌ってる人の方が強めになってますが。

本当に良い曲なのでぜひ原曲も聞いて下さい。
理解の助けになるかわからないけど
日本語訳も置いておきます。
ちなみに原曲は女声です。
なので僕より私で女性言葉の方がいいかも。
そのあたりは脳内変換でよろしくお願いします。

あと、この動画を上げた日は
ミズキさんのお誕生日でした。
六周年だそうで。本当におめでとうございます。
私はまだ使い始めて間もないですが
結構前から知っている音源ではあったし
実際に使ってみたら思っていた以上に素晴らしいので
本当に生まれてきてくれてありがとう、です。

ということで時間に余裕があったので書いた
つたないお祝い絵も置いておきます。
周りのお花はミズキさんのトレードマーク?である
プルメリアと、お誕生日の五月一日に縁のあるスズランです。
フランスではこの日はスズランだそうで。
五月の花を探したら良さげだったので
ミズキさんはお花が似合うなあと思いながら
(私の中ではお花が似合う男声音源という認識)
ぼーっと書いてました。
その結果ご覧の通りのアンバランスな絵に。

あと、加工したらほぼ銀髪になってしまったけど
実際はちゃんと青色に塗ってました……。
という言い訳だけはしておく。
文字入りの方はTwitterにあるので
こっちには文字のない方を。
歌詞の日本語訳はその下に。



----------------------
Original Lyrics: Kowareta
Japanese Translation: me

君の同情なんて欲しくない
弁解と謝罪
君はただ僕を利用しただけだってわかってる
それでも僕はまた君を許すんだ


僕の気持ちと心はちぐはぐなまま
適当なもので自分を納得させている
思い出を運び去った夏のそよ風
それらを凍らせていく冬の寒さ

君の同情なんて欲しくない
弁解と謝罪
君はただ僕を利用しただけだってわかってる
それでも僕は君を許すんだ

望み
求め
惑い
その下にうずもれたささいなこと
理性を失いかけていることはわかってる
でも放っておくことができないんだ


君が立ち寄るたびに同じことをくり返している
出口を探そうと
月、ああその輝きはあまりに明るく はるか高みにあり
君の愛よりも明るく輝いているんだ

君の同情なんて欲しくない
君の恨みごと、それが僕を苦しめる
君が本当はここにいないことはわかってる
君の思いはここにはないんだって

望み
求め
惑い
その下にうずもれたささいなこと
理性を失いかけていることはわかってる
でも君を見捨てることができないんだ
----------------------

コメント

このブログの人気の投稿

UTAUのエンジンと所持音源の相性メモ