Rose + Thorn

大好きな音源の誕生日だったので
大好きなEmpathPの曲の中でも特に好きな一曲
Rose + Thornをカバーしました





この曲は結構いろんなバージョンがあるんですが
(知っているだけでも三つはある)
個人的に一番好きなこのロックっぽいオケでカバーしました
カラオケ音源は以前にEmpathPよりご厚意で頂戴したものです
USTは歌う音ナミさんの動画で配布されているものをお借りしました


調声はソラに合わせてやっていますが
相変わらずイギリス訛り風です
細かい訛りは私も知らないのであくまで「風」
語尾のLの濁った音とかわからん……

USTはこんな感じ↓


フラグはいつも通りのB0Y0にgが+4~-2くらいまで
modもいつも通り0です
ソラには「とぅ」や「ふぁ」の連続音はないので
連続音の間に普通に単独音を入れていますが
単独音の先行発声が前の音の母音を消してくれるっぽいので
英詞には割りと使い勝手がいい気がします、単独音
連続音だと逆に前の母音が邪魔なので「n X」音素を代用

ちなみに「right」のrは「る/u あ」で発音
「long」は普通に「ろ」の一音素で発音してます
前はrで「ら」の発音の時は「a あ」を使っていたけど
頭の母音がuの「u あ」の方がそれっぽく聞こえる気がしました
なので「wrong」のwrなんかも「u る/u お」だといい感じかも?
「wright」のwrなら「u る/u あ」

「find」とか「made」 のdは「どぅ」を入れて後ろの母音uを
エンベロープをいじって消してます
「ど」よりそれっぽく聞こえるので「どぅ」愛用
tも「と」より「とぅ」がそれっぽいです
「with」のthだけは再現できず「うぃす(u削除)」でごまかしましたが
なかなかどれも英語っぽく聞こえなくて難しい……

このオケ版のAvannaさんがあまりに素敵だったので
彼女の歌い方を大分真似しています
真似できなかったところは芸のない普通の歌い方で

最後のハミング?は本家のナミさんバージョンへの
オマージュ的なアレで入れました
たぶんあのハミングがあるのってあのバージョンだけなんですよね
Avannaさんのバージョンだと間奏部分にギターソロが入っているので

またそのギターソロがエモくて素晴らしいのです
だからオケもこっちを使わせていただいたんですが
あのハミングのメロディが美しくて好きなので
どこかに入れたいと思って入れました
全部ではないけど、少しは入れられたので自己満足

とか語るくらい好きな曲です
私にとってEmpathPの曲で思い入れがあるのは
やはり8bit いじめとAnonymousですが
(後者はEmpathPのファンになったきっかけの曲)
Rose + ThornはEmpathPを知っていろいろ曲を聞いた中でも
特に好きになった曲のうちの一つです
確かはじめに知ったのがAvannaさんのバージョンで
彼女のボーカルが美しかったのもあって惚れました

アルバムにこの曲も収録されていて
好きでよく聞いているんですが
いつかソラでカバーしてみたいなと思っていたのが
これでついに叶いました
あとはAnonymousとKnot or Notをカバーできたら
思い残すことはないです
いや、Orange Lineもいつか……
Sunflowers in your eyesも……

なんて言ってたらEmpathPの曲だけで
カバーアルバムの一枚でも作れそうな量になってきますが
(すでに三曲カバーしてるし……これで四曲目)
それくらいEmpathPの曲は本当に曲も詞も美しくて大好きで

そんな曲を自分の好きな音源で歌わせられたら
そりゃあ嬉しいわけで
ソラの誕生日なのに俺だけが得するカバーだったねっていう
そういう残念ないつものアレでした

日本語音源なのに
しかも誕生日なのに
苦手な英語を強いられたソラさんですが
祝う気持ちだけはありました

ということでおめでとう!



一応日訳もしてみたんで貼っておきます
調べてみたらまだ誰も訳してなかったみたいだし
どうしてもニュアンス的に
日本語ではスマートに伝えられない部分もあり
誤訳もありそうですが、大まかな内容だけでも伝われば幸い
※一部修正しました

ちなみにニコニコの動画は一部原詞の字幕が間違っていますorz
改行とか三点リーダの有無とかその程度の違いですけど
申し訳ないです
 ---------------------------------
原詞:EmpathP

(日訳)
捜し求めてきたほんの小さなひとかけらが
長い長い道を経て私の心を変えていく
そもそも、はじめからわかっていた
その日が来れば結局私は一人になるのだと

だから…

言わないで
泣かないで
あなたの別れの言葉を
あなたが口にするまで
だって
あなたが
去ったあとに
知って欲しいから

声をあげて泣きたい時に私はいつもかすかな笑い声をたてた
傷ついた時に私はいつもかすかに笑顔を作った
ひどいことがあっても
決して悲しむことなんてなかった
今「さよなら」を言おう
私の中にあったこの愛に


私の中に抱き続けた小さなひとかけら
その日が来る時私が泣くところをあなたが見ることはない
終わりの時には私はそれを殺そう
それがかつては私のものであったという意識と共に

だから

言わないで
何も
わかっているから
終わったのだと
そして
あなたが
去った
そのあとに
知って欲しい

声をあげて泣きたい時に私はいつもかすかな笑い声をたてた
傷ついた時に私はいつもかすかに笑顔を作った
ひどいことがあっても
決して悲しむことなんてなかった
今「さよなら」を言おう
私の中にあったこの愛に


言わないで
泣かないで
私がさよならを
口にするまで
だって
私が
去った
そのあとに
知って欲しいから

声をあげて泣きたい時に私はいつもかすかな笑い声をたてた
傷ついた時に私はいつもかすかに笑顔を作った
ひどいことがあっても
決して悲しむことなんてなかった
今「さよなら」を言おう
私の中にあったこの愛に

今「さよなら」を言おう、私の中にあったこの愛に…

今「さよなら」を言おう、私の中にあったこの愛に…

コメント

このブログの人気の投稿