Song of the Winter Snow


aval!aさんの美しい冬の曲をカバーしました




ボーカルはいつものソラさんと
魅惑のウィスパーボイスをお持ちのユフさん

全部ソラにしようかと思ったんですが
すごくユフさんに合いそうだったので
ユフさんで聞いてみたかったのと
日本版の曲名が「冬の雪歌」だったので
これはもうユフさんをお呼びするしかないと思い
……その結果がこのざまです

いや、ユフさんはいい仕事してくれたんですが
ソラの調声が思ったようにいかず
あとレンダリングでどうしてもノイズが出たりで
こんなにいい曲なのに微妙な出来になりました

二回目のユフさんのコーラスが入るまでの
ソラのパート(一番?)はいじらない方が良かったのかなー
と思いつつも
芯のある声をわざと抑え気味にしたくて
(雪がそっと降ってたので)
あそこだけかなりエンベロープをいじっています

無理やり母音の音量だけ下げて
囁き音源やハスキーな音源の
波形に似せようとしてるんですが
思ったようにはうまくいきませんでした

このやり方、以前「繰り返し一粒」という曲のカバーで
やはり囁きっぽく声を抑え気味にして歌わせた時に
使った手法です
あっちの方がまだうまくいっていた気が……
(mixはクソだったけど)
今回はオケが静かなのも災いしたのか
あまり効果が出ず、いまいちでした
余裕で力いっぱい歌ってるように聞こえました

ちなみにエンベロープをいじるのは
DAW(Reaper)でやっています
UTAUでこれくらい大げさな
母音の音量低下をすると
変に金属音が目立ってしまうので
(resamplerだけかもしれないけど)
Reaperでちまちまやりました

具体的にどんな感じかというと
こんな感じです


すごくわかりにくいですけど
上のオレンジの波形がユフさん
下の紫色の波形がソラさん

ユフさんの最初の「ま」の音
母音の「a」あたりから音量が下がって
たたんだ傘の柄みたいになっています

ソラさんは声に芯があるので
「し」の「i」の音量もご覧の通り
大きくはっきり発音しているのでよく聞こえますが
この「i」の音をわざと下げているわけです
―□―□―という線が見えると思いますが
これがエンベロープの線で
下の薄い紫の矢印の方向に下げています

なのでこのやり方をやった最初の方
(日本語の一番?)だけ
若干音量にむらがあるというか
不安定な歌い方で
微妙だねっていう

不安定なのは手作業でいじってるせいかと思います
センスと技量がなくて仕上がりが不自然なため
不安定で微妙な響きになったのだと思われます
難しい
最後の謎言語の部分も同じ手法です

二番?以降、最後の謎言語までは
母音の音量を下げずにそのまま歌っているので
ソラさんの持ち前の芯のある
安定した綺麗な発音がされております

やっぱりソラさんはこの芯のある
はっきりした綺麗な発音が魅力的ですね
「を」をちゃんと「wo」と発音してくれるから好きですw
「うぉ」とも違う自然な響きが使いやすい
「ぢ」と「じ」の発音も違うし
丁寧に録音されたんだなあと使うたび思います
声質も柔らかな響きも素敵
うちのソラさんは柔らかさがしょっちゅう迷子になりますけど

前も書いた気がするけど
ソラさんは感情音源がないのがいいです
シンプル(=多機能でない)だからこそ
自分で試行錯誤する余地があって
しかもそれに応えてくれるポテンシャルと
無限の可能性を持っているので
何年いじってても飽きません


ちなみにこのカバーは全部で10トラック使っていて
まともに再生ができないくらい重いせいか
どうしても「荒く落ちて」の「あら」あたりで
wavに変なノイズが入ってしまいました
何度レンダリングし直しても直らず……
Reaper上で再生すると聞こえない時もあるんですけど
謎です
何か原因があるのかもしれないけど
私にはわからずなので
こんな出来で申し訳なし

コメント

このブログの人気の投稿

ソラ誕生放送